聴覚障害者向け会話アプリ《UDトーク》について

先日、山形で開催されました「家庭教育を考える部会2017年 山形」で使用されていた「UDトーク」について紹介します。

「UDトーク」とは音声を文字情報に変換するシステムで、聴覚障害者のために開発されました。最近、要約筆記の代わりの情報保証としてよく利用されています。東京都の小池塾でも利用され話題になりました。

「UDトーク」には、個人向け、法人向けの2種類あります。
個人向けは、スマートホンからアプリを無料でダウンロードして誰でも利用することができます。
法人向けは、講演会や会議での情報保証として、要約筆記の代わりとして利用されます。マイクやプロジェクタなどと接続するための設備が必要となります。
 

法人向けのイメージは以下の通りとなります。

要約筆記を依頼するとかなり高額になりますが、それが理由で聴覚障害者の情報保証がされないということは許されません。

導入については、山形県立聾学校が窓口となっていただけますので、ぜひご相談ください。(「UDトーク」担当の先生に連絡してください。)

■参考URL
http://udtalk.jp/
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/754

全ろうP事務局 について

全国ろう学校PTA連合会
カテゴリー: 事務局より, 情報保証システム「UDトーク」 パーマリンク