第54回全国聾学校卓球大会 松山大会

   

11月3日(金)~5日(日)の日程で、愛媛県松山市総合コミュニケーション体育館にて全国聾学校卓球大会が行われました。

全国98校のうち、36校182名の選手が参加して3日間にわたって競技が行われました。全聾Pからは、会長と事務局長が出席させて頂きました。大会運営にご尽力を頂きました愛媛県立松山聾学校・宇和特別支援学校の先生方はじめ体育連盟の先生方、たいへんお疲れ様でした。

【初日】
初日は開会式が行われました。

開会宣言の後 優勝杯・準優勝杯が返還され、宇和特別支援学校と松山聾学校の生徒会長より温かい歓迎の言葉、徳島聴覚支援学校卓球部主将の力強い選手宣誓がありました。とても頼もしく素晴らしい宣誓でした。

【2日目】
選手は7:50より入場し8:10より練習、9:00より競技開始
メインアリーナには24コートが作られ、<一部男女団体戦>予選リーグ・決勝トーナメント1・2回戦、<一部男女個人戦>トーナメント1・2回戦、<二部男女個人戦>予選リーグが行われました。

どのコートも熱気溢れる戦いが展開され、会場は応援の生徒や保護者の掛け声でいっぱいとなり、たいへん盛り上がりました。

【3日目】
8:30より16コートで試合開始
<一部男女団体戦>準決勝・決勝、<一部男女個人戦>トーナメント3回戦・準々決勝・準決勝・決勝、<二部男女個人戦>準決勝・決勝が行われました。

一球一球本当に気合の入ったやり取りに、会場みんなが息を飲む場面が随所にありました。勝って跳び上がって喜ぶ選手、負けて涙する選手。試合が終わってお互いのプレーを称えるように握手する選手達。スポーツを通した心のやり取りに、私をはじめ会場に集った多くの皆様方は、多くの感動を頂きました。

14:00~14:40閉会式。成績発表・表彰、講評。そして、青森県立青森聾学校の校長先生に、連盟旗の引継ぎが行われました。
「来年は、青森で会いましょう!」の言葉を胸に刻み、閉会式が終わりました。すべてをなし終え、選手達の顔は晴れ晴れとしておりました。

そして、各校松山を後にして、帰路に着きました。空港の土産売り場は家族にお土産を買う生徒達でいっぱい。妹や弟に何を買おうか迷っている姿がとても可愛く感じました。

最後に、今大会の開催にあたりご尽力頂いたすべての方々に、厚く感謝と御礼申しあげたいと思います。三日間、本当に有り難うございました。

【会場の様子】
  

全ろうP事務局 について

全国ろう学校PTA連合会
カテゴリー: 全聾陸・全聾卓 パーマリンク