家庭教育を考える部会 2018年 北海道 開催される

 ご報告に先立ちまして、9月6日に北海道胆振東部地震で尊い命を奪われました方々及びご遺族の方々に深く哀悼の意を表するとともに、今なお避難生活を余儀なくされている多くの被災者の方々に心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、「家庭教育を考える部会 2018 北海道」は、平成30年10月5日(金)~6日(土)に札幌市にて開催されました。会場は、JR札幌駅より徒歩5分の 会議・研修施設 ACU(アキュ)で行われました。今年は、先生方の研究大会 全日本聾教育研究大会と同じ施設で行われました。参加者は、1日目100名、2日目100名でした。

 第1日目:10月5日(金)

◇開会式(13:30~13:50)

札幌聾学校PTA会長の並木様の司会進行のもと、開会式が始まりました。

全国聾学校長会会長の松本 弘先生、全日本聾教育研究会会長の鄭 仁豪先生のご臨席を賜り、ご祝辞を頂きました。

◇協議会Ⅰ:スモールグループディスカッション(14:10~15:00)

協議会テーマ

「子供たちが将来、主体的に社会参加し、自立した生活を送るために家庭でいまできることは」

司会進行は、北海道高等聾学校PTA会長の鈴木眞弓様です。

 まず、参加者がAからHの8グループに分かれ、スモールディスカッションが行われました。我が子の子育てをもとに、取り組ませて良かったことやうまくいかなかったことなど付箋紙に各自書き込んで模造紙に貼りながら話し合いました。グループ内は、幼稚部から高等部・専攻科まで幅広い父母が集まっていた為、質問や失敗談などとても活発に意見交換がされました。まとめに入っても、話し合いが終わらずとても充実した話し合いが出来たと思います。

◇協議会Ⅱ:意見交換(15:10~16:45)

 各グループの代表の方が、付箋紙を貼った模造紙をプロジェクターで映しながら発表しました。グループごとに様々な話し合いがされていて、とても興味深く聞かせて頂きました。

その後、独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所の宇野宏之祐先生より、指導助言を頂きました。私たちの話し合いの中で解決されなかった問題や、これから私たちの子どもたちが出会うであろう壁や問題点などにも触れて頂き、最新の情報を取り入れたご指導ご助言は、とてもありがたいものでした。

第2日目:10月6日(土)

◇講演(9:30~11:15)

 演題  『聴覚障害児の保護者に学ぶ』

講師      筑波大学附属学校教育局 特命教授 松本 末男先生

 先生は、北海道釧路聾学校で教員としてのスタートを切り、特に聴覚障がいのある乳幼児や幼児への実践をたくさんお持ちで、釧路聾学校で出会った子どもたちや保護者の方々との心温まるエピソードにはとても感動いたしました。その後、旭川聾学校・筑波大学附属聴覚特別支援学校時代のお話もとても良かったです。教え子さんたちの卒業後の活躍ぶりや壁を乗り越えたエピソードなど、たいへん参考になるお話でした。ひとつひとつのお話に、先生の温かさがにじみ出ていて、心が温かくなりました。

もっと早く先生のお話が聞きたかったと仰る保護者の方もいらっしゃいました。

◇閉会式(11:30~11:45)

北海道高等聾学校の校長先生はじめ諸先生方、PTA 会長の鈴木会長はじめ役員の方々には、地震の混乱のまだ落ち着かぬ中、大会のご準備・お手配などを進めて頂き本当に有り難うございました。本当に素晴らしい大会でした。心より感謝とお礼申し上げます。有り難うございました。

なお、この大会の詳細につきましては、3月に発行される「道標」に掲載する予定です。

全ろうP事務局 について

全国ろう学校PTA連合会
カテゴリー: 家庭教育を考える部会 パーマリンク