東海地区聾学校PTA連絡協議会・聴覚障害者親の会連絡協議会合同研修会

­­平成30年1月26日(金)、愛知県名古屋市 「ウィンクあいち」 において、平成29年度 東海地区聾学校PTA連絡協議会・聴覚障害者親の会連絡協議会合同研修会が行われました。

交通機関も雪の影響の出る中、東海地区の7つの聾学校よりPTAの方々、親の会の方々先生方合わせて約40名が出席されました。全聾Pからは会長が出席させて頂きました。

開会行事の後、講演会が行われました。講師は、現在日進市役所勤務の大橋志乃様で、『聞こえないからこそ出会い、学び、経験できたこと』というテーマでご講演を頂きました。大橋様は、出生時より聴覚障害をお持ちで、大学の法学部をご卒業後、日進市役所に入庁、現在介護福祉課に勤務。在職中にマリンバを再開、その後名古屋芸術大学にて専門的に学び、現在小学校や福祉施設などで演奏活動を行っています。

■講演内容
① 「コミュニケーション力」をつけることの大切さ
・「言葉貧乏」の克服方法とは?
~なぜ、「言葉貧乏」になるのか~
・社会に出てからは通用しない「学校で習わなかった」「聞いたことがない」
・「聴覚障害者=KY」は本当なのか?
・人付き合いの「楽しさ」や「喜び」そして「自信」は世界を広げてくれる
② 自らの可能性に挑むこと=「自分と向き合う」
・「聞こえない」以外は健聴者と全く同じ
~自分の「強み」は何だろうか~
・失敗を繰り返して見えてくるもの
~「人」と比べるのではなく「昨日の自分」と比べる~
・努力によって超えられる壁と越えられない壁
・聞こえない私にとって「音楽」とは?
③ 置かれた環境の中で、どう過ごすかは自分次第
・前向きな「if」と後ろ向きな「if」
・自分を高めてくれる人との付き合いを大切に
・社会の中で「自分ができること」を少しずつ増やしていく
最後に
~聞こえない子を持つ親や聾学校の先生方にお願いしたいこと~

でした。

印象に残る言葉がありました。
・言葉を知らない⇒言葉を使わない・口の動きも分からない
・耳学問できない⇒本・活字に慣れる・新聞を読む・手紙を書く・好奇心を持つ
・学校で習わなかった・聞いたことがない⇒自分の不勉強を正当化する「言い訳」に過ぎない
・職場の会議で何を話しているのか分からない会議には⇒①事前に勉強しておく②先回りして動く③分からないことは「分かりません」とハッキリ言う。分かったふりはしない。これ何って聞くと大抵の人は喜んで教えてくれる⇒小さいことの積み重ねが大切
・職場の窓口で「耳が悪いのでゆっくり話して下さい。」って言うと
「他の人に代わって」とか「窓口にいる反応の悪い人何とかして」と言われる。
⇒何を聞かれるか考えておく。こういう時はこうすればいいんだ(先回りして考える)⇒7年経って、自分の居場所ができたなあ、と感じた。
・聾学校でやってくれたことを当たり前だと思ってはダメ。
・八方美人は疲れるだけ。社会人になって思った。すべての人と仲良くならなくてもいい。大切な人だけでいい。
・折角社会の中にいるのだから自分に何ができるのか探していく。自分より弱い人沢山いる。(自分は聞こえないだけ)今の自分があるのはみんなに支えられたから。
⇒与えられる人生より与える人生へ
・できるできない⇒やるかやらないか
・成功の反対語⇔「挑戦しないこと」 失敗ではない。失敗はチャレンジした結果です。
・転ばぬ先の杖?⇒「転び方知らんで人生どう生きていく」

以上、あっという間の1時間半でした。本当に心に残る研修会を有り難うございました。講師の大橋様、東海地区のPTA役員さん方、親の会の方々、先生方たいへんお世話になりました。

 

カテゴリー: 地区研修会 | コメントする

第40回全国特別支援教育振興協議会

平成29年12月8日(金)、国立オリンピック記念青少年総合センターで第40回全国特別支援教育振興協議会が開催されました。今回のテーマは「学校教育におけるインクルーシブ教育システムの充実に向けて」でした。
参加者は、午前242名、午後196名で総数438名でした。全ろうPからは会長と事務局長が参加しました。

■午前の部(10:00~12:30)
1. 主催者あいさつ
2. 行政説明 文部科学省・厚生労働省
3. 第1部「共生社会の実現に向けたPTAの役割」についての発表
① 武蔵野市の幼稚園より、50年以上も前から行ってきた「混合教育」について
② 八王子市の小学校より、学校を軸にしたインクルーシブ教育について
③ 三鷹市の中学校より、コミュニティ・スクール委員会と特別支援学級との関わりについて
④ 全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会より、共生社会の実現に向けたPTAの役割について( プロジェクターを使ったとても分かりやすい発表がありました。)
⑤ 文部科学省の視学官より指導講評がありました。

■午後の部 13:30~16:00
4. 事業説明 独立行政法人国立特別支援総合研究所より
5. 第2部 「学校教育における合理的配慮について 実践事例報告、シンポジウム」
① 東京都調布市立飛田給小学校より
② 埼玉県熊谷市教育委員会より
③ 神奈川県立足柄高等学校より
④ 東京都立町田の丘学園より、合理的配慮についての実践事例の発表がありました。
⑤ その後、コーディネーターである文部科学省初等中等教育特別支援課の田中 裕一様の進行によるシンポジウムがありました。
6. 御礼

どの発表も素晴らしく、その後のシンポジウムも熱心な意見交換があり、中身の濃い研究協議会だったと思いました。

カテゴリー: 全国特別支援協議会 | コメントする

第40回 聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会

平成29年12月18日(月) 東京永田町の憲政記念館にて「第40回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」が開催されました。

 

今年も秋篠宮紀子様にお越しいただき、とても優雅できれいな手話でご挨拶をされました。

紀子様のご挨拶(動画)

式典では、全国のろう学校、親の会から推薦を受けたお母さん方が、聴覚障害者教育福祉協会会長の山東昭子(参議)様より表彰を受けました。

今井絵里子様(参議)も2年ぶりに参加され元気な姿をみせてくれました。

閉会後は、紀子様より参加者一人一人にお声をかけていただきました。
紀子様の気さくさと、素敵な笑顔で、みなさんとても癒されたのではないでしょうか

来年もたくさんの方に参加していただくようお願いします。
紀子様も来年もきていただけるそうです。

カテゴリー: お母さんをたたえる会 | コメントする

第54回全国聾学校卓球大会 松山大会

   

11月3日(金)~5日(日)の日程で、愛媛県松山市総合コミュニケーション体育館にて全国聾学校卓球大会が行われました。

全国98校のうち、36校182名の選手が参加して3日間にわたって競技が行われました。全聾Pからは、会長と事務局長が出席させて頂きました。大会運営にご尽力を頂きました愛媛県立松山聾学校・宇和特別支援学校の先生方はじめ体育連盟の先生方、たいへんお疲れ様でした。

【初日】
初日は開会式が行われました。

開会宣言の後 優勝杯・準優勝杯が返還され、宇和特別支援学校と松山聾学校の生徒会長より温かい歓迎の言葉、徳島聴覚支援学校卓球部主将の力強い選手宣誓がありました。とても頼もしく素晴らしい宣誓でした。

【2日目】
選手は7:50より入場し8:10より練習、9:00より競技開始
メインアリーナには24コートが作られ、<一部男女団体戦>予選リーグ・決勝トーナメント1・2回戦、<一部男女個人戦>トーナメント1・2回戦、<二部男女個人戦>予選リーグが行われました。

どのコートも熱気溢れる戦いが展開され、会場は応援の生徒や保護者の掛け声でいっぱいとなり、たいへん盛り上がりました。

【3日目】
8:30より16コートで試合開始
<一部男女団体戦>準決勝・決勝、<一部男女個人戦>トーナメント3回戦・準々決勝・準決勝・決勝、<二部男女個人戦>準決勝・決勝が行われました。

一球一球本当に気合の入ったやり取りに、会場みんなが息を飲む場面が随所にありました。勝って跳び上がって喜ぶ選手、負けて涙する選手。試合が終わってお互いのプレーを称えるように握手する選手達。スポーツを通した心のやり取りに、私をはじめ会場に集った多くの皆様方は、多くの感動を頂きました。

14:00~14:40閉会式。成績発表・表彰、講評。そして、青森県立青森聾学校の校長先生に、連盟旗の引継ぎが行われました。
「来年は、青森で会いましょう!」の言葉を胸に刻み、閉会式が終わりました。すべてをなし終え、選手達の顔は晴れ晴れとしておりました。

そして、各校松山を後にして、帰路に着きました。空港の土産売り場は家族にお土産を買う生徒達でいっぱい。妹や弟に何を買おうか迷っている姿がとても可愛く感じました。

最後に、今大会の開催にあたりご尽力頂いたすべての方々に、厚く感謝と御礼申しあげたいと思います。三日間、本当に有り難うございました。

【会場の様子】
  

カテゴリー: 全聾陸・全聾卓 | コメントする

第54回全国聾学校陸上競技大会 静岡大会

平成29年10月20日(金)~22日(日)の日程で、静岡県草薙総合運動場にて全国聾学校陸上競技大会が行われました。

全国98校のうち、43校247名の選手が参加して3日間にわたって競技が行われました。全聾Pからは、会長と事務局長が出席させて頂きました。大会運営をして頂きました静岡県立沼津聴覚特別支援学校の皆様たいへんお疲れ様でした。

初日の20日はくもり空でよかったのですが、2日目は台風の影響で雨が降る中、競技が行われました。3日目は雨に加え風も吹いてきて、選手にとっては過酷な状況にも拘らず、選手諸君は大健闘をし頑張ってくれました。

しかし、台風の接近を考えて、閉会式は中止とし各校帰路に着きました。新幹線の静岡駅には、聾学校の生徒さん達のお土産を買う姿があちこちで見られとても賑やかで微笑ましかったです。選手の皆さん、引率の先生方、大会運営の皆様たいへんお疲れ様でした。

カテゴリー: 全聾陸・全聾卓 | コメントする