会長挨拶

全国ろう学校PTA連合会 会長 横田 志津

わが国で、新型コロナウイルス感染症の最初の感染者が昨年1 月に確認されてから1年経ちました。新型コロナに罹患された方々はじめ影響を受けた全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。また、感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。


さて、昨年4 月に緊急事態宣言が出されたとき、移動が制限されました。政府が新しい生活様式の中で、会議の在り方などを提案したのを機に、本会も今までのやり方を変えることにしましたが、私は、いろいろ見える化するよい機会と考えました。まず、理事会をリモートで行い、総会を書面により議決していくことにしました。これにより各理事の時間と交通費等の節約に繋がりました。次に、各校のPTA活動が抱える問題や課題を知るために実態調査を行い、結果を報告させていただきました。他校の知恵に学び、自校の課題解決に繋がればと考えたからです。さらに、文部科学省と厚生労働省への予算要望のやり方を見直しして、手順を踏んで各地区の意見を反映させるようにしました。


家庭教育を考える部会は、前年度に新たな形で実施することに決まっていましたが、こちらも開催できなくなったので、誌上報告に切り替えました。急な変更になりましたが、講演者、シンポジスト、そして寄稿して頂いた先生方に協力して頂き、お蔭様で、指導誌「道標」を発刊することができました。改めて執筆していただいた皆様に感謝申し上げます。
話は変わりますが、私はろう者なので、私が受けた教育の経験から、聞こえない子供たちが聞こえて上手に喋れることを目指すだけでなく、手話をメインにした指導で目からの情報が保障されて、しっかり学ぶことができ、自分らしさを身につけて、自立できるように成長してほしいと願ってきました。
私は、会長を経験する中で、いろいろな考え方や見方そして方法があることを学びました。その結果、聞こえない、聞こえにくい全ての子どもたちが、それぞれの方法でたくさん言葉を身につけ、言葉の力でいろいろなことを理解し、考え、話し、書くなど、自分の考えを周りにきちんと見えるようにしていくことが大切だと思うようになりました。「言葉が見える」は、まず手話だけ聴覚口話だけという論争ではなく、どのような方法であっても話題を広げたり深めたりしながら、長く会話することができるという意味だと教わり、改めて言葉が見える中で、子どもたちの心が育っていってほしいと思いました。
私たち保護者は、子どもたちが学校に毎日楽しく通えるようにするために、できる限り協力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 事務局より | コメントする

「家庭教育を考える部会2019富山」に参加して

全国ろう学校PTA連合会 会長 横田 志津

 10月18日(金)19日(土)、富山県民共生サンフォルテにて家庭教育を考える部会を開催しました。
 一日目は協議会として、まず、2人の保護者の発表がありました。一人目は青木さんの幼、小の保護者へのアンケートの結果の発表でした。子どもが大きくなるにつれて保護者の思いや気持ちが変わっていく様子がはっきり表れていてすごく良かったです。
 二人目は山岸さんの息子さんの子育てについての発表でした。色々な思いをしながらも家族みんなで協力し合いながら育てていく様子、子どもの成長に合わせて支えたり見守ったりする様子に感心しました。特に「母親だけが育てる時代は終わったのよ」という言葉はとても大きく響きました。その通りだと思いました。育児は母親だけではありません。家庭、学校、地域、子どもを取りまくみんなで協力し合いながら育てていくことが育児だと思います。聞こえないからではなく、どの子もみんな、周りに育てられて大きくなっていくべきだと思っています。

 お二人にとても中身の濃い発表してくださいました。ありがとうございました。その後、学部に分かれてうまくいったこと、うまくいかなかったこと、これから思うことを付箋に書き入れながらそれぞれの思いなどを話し合いました。みんな、同じ思いをしていたんだと知り、また共感し合えて、心が軽くなれたことと思います。私は高等部グループだったのでやっぱり進路についての話題が一番多かったです。グループ発表を見て思ったのは「聞こえないから」ではなく今を生きる子どもたちを育てる不安や悩みだと感じました。

 そして、柳田先生からの助言で色々気付かせていただきました。焦る気持ちもわかるけど子どもたちに自己選択、自己決定する力をつけさせれば回り道しながらもちゃんと自分の道を歩いて行けるという話にその通りだと思いました。また、自分の子供に対してたくさん「愛している」こと「大切に思っている」ことを伝え、子供の心を満たされる必要を改めて痛感しました。柳田先生、ありがとうございました。
夜の懇親会では富山の美味しい食事をいただきながらそれぞれ深く交流できたのではないかと思います。

 二日目は今村さんの講演です。自分の声で話しされました。自分の育てられた環境の中で自分の存在に悩み揺れたこと、いろんな人との出会いで自分というものを見いだしていったこと、憧れた夢が目指す夢となり、努力していったことなどとても勇気づけられる話をしてくださりました。それもやっぱり家庭、学校、地域との関わりがあったからこそだと感じました。
子どもたちが憧れから目指す夢になれるように育てていきたいですね。この二日間、とても有意義な時間でした。

 この大会を開催するにあたり、準備や進行など尽力頂いた実行委員長の富山聴覚総合支援学校朗和会会長の黒田様をはじめ北陸地区ろう学校連絡協議会の皆様、富山聴覚総合支援学校校長の川越先生をはじめ先生方、お世話になりました、本当にありがとうございました。詳細は年度末の指導誌「道標」に載せますのでまた読んで下さい。
 来年は中央研修会という形ですが、筑波大学附属聴覚支援学校で行います。たくさんのご参加を期待しています。

カテゴリー: 家庭教育を考える部会 | コメントする

第56回 全国聾学校陸上競技大会 栃木大会

  全国ろう学校陸上大会in栃木に参加して  全聾P会長 横田 志津

 開会式に出席して参加している生徒を見渡すと、さすが各学校にて上成績を収めた生徒たちの集まりで、次の日から2日間続く競技への闘争心に燃え、自信あふれた顔にとても若々しいオーラを感じ身震いしました。本当にこの日まで厳しい練習を重ねてきたのだろうと思い、どうかこの2日間、精一杯力を発揮して欲しいと祈りました。
 開会式の翌日からの2日間は本当に天気にも恵まれ、精一杯力を発揮できたと思いました。パーッと飛び出し引き離す速さの凄さ、最後まで走り切った忍耐力、力一杯投げたり、踏切よく跳んだ力強さ、チーム一丸になって繋いだバトン、そして、うれし涙、悔し涙流したりいろんな感情を味わっていたようです。どれを見てもとても感動的でした。
 我が家の娘が100×4リレーに命懸けて参加いたしましたが、惜しくも二位になりとても悔しがっていました。連続優勝はかなり大きな重たいプレッシャーだったと思います。連続で一位を保つのはかなりの努力が必要です。どの学校も精一杯の努力をされてきたのだろうと思いました。
 うれしかったことには自信を持ち、悔しかったことにはそれをバネにしてこれからの練習や生活をがんばってほしいと思いました。
競技だけでなく、全国から集まったライバルとの再会や交流もあちこちで見られてよかったと思いました。
 今年度は出場者が少なかったように思われましたので、来年はもっと出場者が増えて、競技や交流をさらに盛り上げていってほしいと思いました。何より天気に恵まれ誰一人ケガなどもなく無事に終りホッといたしました。私にとって脳裏に焼き付く、とても心震えた2日間でした。
 この大会のために色々と準備や進行・運営などに関わってくださった栃木校の皆さんや関係者の皆さんのご支援、ご協力に心から深く感謝いたします。ありがとうございました。

 

カテゴリー: 全聾陸・全聾卓 | コメントする

家庭教育を考える部会 2018年 北海道 開催される

 ご報告に先立ちまして、9月6日に北海道胆振東部地震で尊い命を奪われました方々及びご遺族の方々に深く哀悼の意を表するとともに、今なお避難生活を余儀なくされている多くの被災者の方々に心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、「家庭教育を考える部会 2018 北海道」は、平成30年10月5日(金)~6日(土)に札幌市にて開催されました。会場は、JR札幌駅より徒歩5分の 会議・研修施設 ACU(アキュ)で行われました。今年は、先生方の研究大会 全日本聾教育研究大会と同じ施設で行われました。参加者は、1日目100名、2日目100名でした。

 第1日目:10月5日(金)

◇開会式(13:30~13:50)

札幌聾学校PTA会長の並木様の司会進行のもと、開会式が始まりました。

全国聾学校長会会長の松本 弘先生、全日本聾教育研究会会長の鄭 仁豪先生のご臨席を賜り、ご祝辞を頂きました。

◇協議会Ⅰ:スモールグループディスカッション(14:10~15:00)

協議会テーマ

「子供たちが将来、主体的に社会参加し、自立した生活を送るために家庭でいまできることは」

司会進行は、北海道高等聾学校PTA会長の鈴木眞弓様です。

 まず、参加者がAからHの8グループに分かれ、スモールディスカッションが行われました。我が子の子育てをもとに、取り組ませて良かったことやうまくいかなかったことなど付箋紙に各自書き込んで模造紙に貼りながら話し合いました。グループ内は、幼稚部から高等部・専攻科まで幅広い父母が集まっていた為、質問や失敗談などとても活発に意見交換がされました。まとめに入っても、話し合いが終わらずとても充実した話し合いが出来たと思います。

◇協議会Ⅱ:意見交換(15:10~16:45)

 各グループの代表の方が、付箋紙を貼った模造紙をプロジェクターで映しながら発表しました。グループごとに様々な話し合いがされていて、とても興味深く聞かせて頂きました。

その後、独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所の宇野宏之祐先生より、指導助言を頂きました。私たちの話し合いの中で解決されなかった問題や、これから私たちの子どもたちが出会うであろう壁や問題点などにも触れて頂き、最新の情報を取り入れたご指導ご助言は、とてもありがたいものでした。

第2日目:10月6日(土)

◇講演(9:30~11:15)

 演題  『聴覚障害児の保護者に学ぶ』

講師      筑波大学附属学校教育局 特命教授 松本 末男先生

 先生は、北海道釧路聾学校で教員としてのスタートを切り、特に聴覚障がいのある乳幼児や幼児への実践をたくさんお持ちで、釧路聾学校で出会った子どもたちや保護者の方々との心温まるエピソードにはとても感動いたしました。その後、旭川聾学校・筑波大学附属聴覚特別支援学校時代のお話もとても良かったです。教え子さんたちの卒業後の活躍ぶりや壁を乗り越えたエピソードなど、たいへん参考になるお話でした。ひとつひとつのお話に、先生の温かさがにじみ出ていて、心が温かくなりました。

もっと早く先生のお話が聞きたかったと仰る保護者の方もいらっしゃいました。

◇閉会式(11:30~11:45)

北海道高等聾学校の校長先生はじめ諸先生方、PTA 会長の鈴木会長はじめ役員の方々には、地震の混乱のまだ落ち着かぬ中、大会のご準備・お手配などを進めて頂き本当に有り難うございました。本当に素晴らしい大会でした。心より感謝とお礼申し上げます。有り難うございました。

なお、この大会の詳細につきましては、3月に発行される「道標」に掲載する予定です。

カテゴリー: 家庭教育を考える部会 | コメントする

平成30年度 中国・四国ろう学校PTA連合会総会・研究協議会(尾道大会)

平成30年5月10日(木)・11日(金)に、広島県尾道市にて「中国・四国ろう学校PTA連合会総会・研究協議会(尾道大会)」が開催されました。中国地区9校、四国地区5校の聾学校・特別支援学校、広島県教育委員会、尾道市教育委員会より合計74名の出席のもと、盛大に行われました。全聾Pからは、会長と事務局長が出席いたしました。

 会場は、尾道グリーンヒルホテルでした。新幹線を福山で降り、JR山陽本線に乗り換え、尾道が近づくにつれ、透き通るような海の色と坂道の上の静かな佇まいのお寺が見えてきました。駅の改札を出ると、すぐ目の前には向島。手前の真っ青な尾道水道には、色とりどりの小さな船が行き来し、「映画の街」と云うのにふさわしい素晴らしい街だと感じました。
<第1日目>
 1:30~14:40開会行事・総会
 2:50~4:00研究協議会
はじめに、全聾Pより組織や活動・現状などについてお話をさせて頂きました。その後、各校より報告がありました。
(1) PTA活動の活性化にむけて(各校PTA活動の現状と課題を踏まえて)
(2) 学力・コミュニケーション力の向上に向けて(各校の取組と家庭との連携について)
(3) 防災教育について(鳥取県立鳥取聾学校からの報告)

4:10~5:00分科会
①幼稚部・小学部低学年部会
②小学部高学年・中学部部会
③高等部部会
④重複障害部会
⑤教員部会

6:00~8:00教育懇親会
 懇親会では、村上水軍が残した古文書を読み説き、それを元に当時の太鼓のたたき方を再現した素晴らしい演奏と踊りが披露されました。会場がそのままタイムスリップしたかのような感じを受け、とても感動しました。

<第2日目>
9:40~10:20 学校参観(広島県立尾道特別支援学校)
10:30~11:00 分科会報告・情報交換会
11:45~12:00 閉会行事

尾道駅から30分くらいバスに乗り、少し坂道を登った所に学校がありました。広々とした高台の上で、視界が開けており爽やかな風が流れておりました。元気に活動する子どもたちの姿がとても印象的で、併置校ということでお互いに助け合っている可愛い様子を見ることができました。
 二日間に亘り、実のある研修会を有り難うございました。

カテゴリー: 地区研修会 | コメントする